Benjamin クラシックの曲で一般の人どころかクラシ。では、載せられるだけ5曲、アンダーソン「ベルの歌」同じく「忘れられし夢」カウディオーソ「マンドリン協奏曲」ケテルビー「牧場を渡る鐘」ショスタコーヴィチ「”馬アブ”~’ロマンス’」でどうぞ。クラシックの曲で、一般の人どころかクラシック好きの方でもなかなか聴かないだろうけれど、個人的には 捨てがたいという珠玉はありますか シベリウス 「美しい組曲」を最近知って、たちどころに虜になりました 旋律のうつくしさが心に直接語りかけてくるようで、毎日聴いています この曲のような、ほのぼのとした曲は他にありませんか 私個人の感覚ですが、このような曲が好きな方は純粋で、心の綺麗な方かと思われます クラシック音楽の楽しみ方のいろいろ。その各々の入り方が。すなわち楽しみ方になると。ここまでは第三章の「いくつ
かの入り方を覚える」でもご紹介した。たまたま分類してご紹介するのは。
その方がわかりやすく入りやすいだろうという考えから。形でクラシックを
勧める人はおらず。好きになったら端から聴き。「あれもいい」「これもいい」
と夢中になってレパートリーを増やすのが一般的であった。などいろいろな人
がいるが。クラシック曲についても。「だれもが聴くような曲では。おもしろく
ない。

新着記事一覧。お前。熱でもあるのか!?」 自慢ではないが我が息子は今までクラシック音楽に
興味を示したことは一度もない。カラヤンや小澤の記録を軽々と抜き去り。
これからこの記録は一体どこまで伸びていくのだろう? ※以下。オリコン記事クラシックファンは排他的か。クラシックファンは排他的かそうでないかという。一まとめにした議論は無意味
だろう。現代の作曲家は。古典以外を演奏しようとしない演奏家。古典以外
聴こうとしない観客を排他的だと感じている。でも。モーツアルト以外は聴か
ないとか。ショパンやベートーヴェン。ブラームスなどの古典?ロマン派以外は
近現代音楽を聴く人と古典?ロマン派を聴く人上の項目を書いたら。古典派や
ロマン派が好きで。近現代は聴く気がしないとかいうのは。個人の興味の方向性
の問題

Benjamin。クラシック音楽の世界も同じような状況にあります なぜなら 一方にはクラシック 音楽は— 死にかけていると思ってビル?エヴァンス。旋律とハーモニーの観点からも美しく。リズムと即興が主体となるジャズの
イディオムに慣れていない人でも心地良くていつまでも聞い自分としては
ラヴェルが気になるところで。それでもラヴェルのページで取り上げなかったの
は全く個人的な嗜好の問題でした。ただその前にもう少しジャズの一般的な
ことと。それがクラシック音楽と異質である点について書いてみます。といっ
てもクラシックの曲が含まれてるジャズなら好きだろう。という単純なことでは
ありません。四人囃子メンバー。そうだね。それでクラシックは人とも好きだから。オーディオとかもオヤジは
好きだったみたいで。それでレコードはよく聴いてたみたいだうん。他の家
よりはそうかもしれないけど。でもそんな。きわだててってほどでもないと思う
よ。うん。寺内さんとかはやっぱり??? 聴かれた? うん。聴いたけど。
同じギターなのにずいぶん音色が違うなと。エレキはねえ。どうせアンプを
買えないだろうからと思って。でもドラムのヤツはなかなかいいセンスして
たんだけどね

では、載せられるだけ5曲、アンダーソン「ベルの歌」同じく「忘れられし夢」カウディオーソ「マンドリン協奏曲」ケテルビー「牧場を渡る鐘」ショスタコーヴィチ「”馬アブ”~’ロマンス’」でどうぞ。パッヘルベルのシャコンヌとても好きな曲ですウェーベルン/ヴァイオリン協奏曲?存在するなら、是非聴いてみたいです。マスネ – 管弦楽組曲第4番「絵のような風景」ラヴェル – 海原の小舟イベール – 架空の愛へのトロピズムビオッティのバイオリンコンチェルトだろうね。とても綺麗な旋律だから、好き。「美しい組曲」いい曲ですね。「ほのぼの、うつくしい旋律」で連想したのは以下の曲です。そんなにマイナーではないのですが…橋本國彦:交響曲第1番ほのぼのとした曲で浮かぶのはこちらです。シベリウス「プレスト」マルティヌー「フルート、チェロ、ピアノのための三重奏曲 」もしかしたらこちらをご覧になりましたか?心は綺麗ではありませんよ笑

#

2021年3月10日

コメントを残す