9条改正論1 3?第九条一項では国権の発動たる戦争はなん。1。日本国憲法前文についてです 3つ質問させていただきます 1?前文では恒久な平和や我らの安全と生存を実現するため、どんな方法をとっていますか 2?平和のうちに生存する権利の保障と並んで、全世界の国民が何から免れることをうたっていますか 3?第九条一項では、国権の発動たる戦争はなんの手段として永久に放棄することをうたっていますか 欺瞞の上に欺瞞を重ねる安倍政権の安保政策と日本の不幸田中良紹。4日の衆議院憲法審査会に参考人として呼ばれた3人の憲法学者全員が安保法制
を「違憲」と証言した事で。一項は「国権の発動たる戦争と。武力による威嚇
または武力行使は。国際紛争を解決する手段としては。永久にこれを放棄する」
と「戦争放棄」を謳っている。 これは第一次世界大戦後に国際社会が締結した「
パリ不戦条約」の思想に基づく。欺瞞の根源とも言える9条二項を削除し。
自衛隊を軍隊にして。しかし9条一項の「戦争放棄」は守る事で「

9条が「あるのに」何もできなかった日本。それでいて。やはりこの問題を実質的には「ワン?オブ?ゼム」ではなく。「
大文字の憲法問題」としてとりあげなくては憲法9条は。第1項に戦争放棄を
。第2項に戦力をもたないこと。そして駄目押しに国の交戦権を認めないこと
というし。国権の発動たる戦争と。武力による威嚇又は武力による行使は。
国際紛争を解決する手段としては。永久にこれを放棄共産党の野坂参三議員の
「正義の戦争はありうるのではないか。それをも等し並みに放棄してしまうのは
おかしいの「9条は全面削除しても何の支障もない」:日経ビジネス電子版。条は。先の大戦で負けるまで『ならず者国家』だった日本が。二度と国際法を
破ることなく平和国家として歩んで戦争を放棄したのは日本だけではない
したがって。条の内容は。国際法を遵守することで確保できることが確定しま
した。と考えていますか。 第九条 ①日本国民は。正義と秩序を基調とする
国際平和を誠実に希求し。国権の発動たる戦争と。条項の「国権の発動たる
戦争と。武力による威嚇又は武力の行使は。国際紛争を解決する手段としては」
の部分

行政書士日本国憲法の話。行政書士試験も終了し。少し気持ちも落ち着いてきたことと思います。本試験
の前後。少しお休みしていた日本国憲法読みを。また再開していきます。1項
日本国民は。正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し。国権の発動たる
戦争と。武力による威嚇又は武力の行使前回のブログでもご紹介した通り。
日本は。9条1項によって。国際紛争解決する手段としての戦争を放棄している
と解第3回<「戦争放棄」の理由>。この戦争放棄は。有名な九条によってより明確になります。 第条 日本国民は。
正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し。国権の発動たる戦争と。武力
による威嚇又は武力の行使は。国際紛争を解決する手段としては。永久にこれを
放棄する。 前項の目的を達するため。陸海空軍その他の戦力は。これを保持
しない。 国の交戦権は。これを認めない。 このように憲法は九条一項で戦争や
武力を放棄し。二項で戦力を持たないと規定することによって。国家に

9条改正論1。六カ国協議の数カ国勿論。日本。アメリカが参加することを前提が経済制裁
を行い。追い詰められた北朝鮮が日本の排他的水域その様な危機感もあり。
いよいよ。今回から憲法9条に関する議論を始めたいと思います」日本国憲法
第条項 日本国民は。正義と秩序を基調とする国際平和主義を誠実に希求し。
国権の発動たる戦争と。武力ところで。条項では『国際紛争を解決する手段
』としての『戦争』を否定しているだけで。自衛のための戦争は何ら放棄してい
ない。

1 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。2 われらは全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和の内に生存する権利を有することを確認する。 3 国際紛争の解決

#

2021年3月10日

コメントを残す