2019年6月2日 最近の韓流ドラマやアイドル人気を見る。ドラマもアイドルもどっこいでは。最近の韓流ドラマやアイドル人気を見ると、日本の若者文化は韓国に征服されてしまいましたが、日本のサブカルがここから復活する事は可能でしょうか 「韓流」をめぐる女性たちの文化実践。日本での「韓流」は。 年に で放映された韓国ドラマ『冬のソナタ』が
中高年女 性に大ヒットすることと「権力と支配のための装置」として。また
。支配的文化の担い手側から見る自己の「投影作業」として 解読され。批判的日本の中高年はなぜ若者の韓流ブームを全く理解できないのか。歴史?政治の議論に加え。最近は新型コロナウイルス対応でも何かと比較され。“
炎上”もしやすい。そこで。韓流ブームに関する日本の「世代間の断絶」
について。朝鮮半島研究の第一人者である政治学者。木村幹?日本の若者も
熱狂する韓国のアイドルグループ。防弾少年団。ロイター提供社
によると。第次韓流ブームの端緒は年の『冬のソナタ』で。ドラマ?俳優
が中高年に人気になりました。若者と中高年で韓国に見る「色」が違う

繊維月報2021年2月号VOL。年のドラマ『冬のソナタ』以降。ドラマや音楽。映画をはじめとした韓国
発のエンターテインメントは。日本人をラジオ/テレビ -評論家
韓国大衆文化ジャーナリスト 韓国観光名誉広報大使 韓流は今や「ブーム」では
ない!? 日本における韓流ブームは。年に放映されたドラマ『冬のソナタ』
から始まったとされ。これを機に日本のやなど。同じく-グループ
がきっかけとなりましたが。韓国のファッションやコスメ。グルメなどにも人気
が。年代から年代にかけて。若者の街として「渋谷」が注目されてきた。
先行研究では。中高年女性による。ドラマやアイドルのファン文化が特徴の第
次?第 次韓流ブームが取り上げられた。韓流ブーム」とは。日本が韓国を
現代のポピュラーカルチャーとして受け入れた社会的現象 であり。
いくつかの段階がある。。仲間同士の連絡が容易になり。広告都市化し
てしまった渋谷には若者がわざわざつながるために行くという意義が薄れた。

日本の10代女子に「韓国」がこんなにウケてる「本当のワケ。テレビではほとんど取り扱われない。なのに若者の間ではなぜか人気があるもの
――その一つに「韓国」があるだろう。昨今。若者向けのメディアや雑誌の
見出しには韓国トレンドや-アイドルに関する話題がしばしば並び。若者の
間で「韓国お世辞にも良いとはいえない政治的関係があるにもかかわらず。
なぜ若者たちは「韓国」に魅了されてしまうのか。第三次韓流ブーム」とも
呼ばれている現在の韓国ブームを支えているのは。代を中心とした若年層世代
である。

ドラマもアイドルもどっこいでは?どっこいな時点で韓流の勢いは凄いのですがね。若者文化なんて10年もすれば簡単に変わりますから、韓流は一時のものでしょう。ヨン様なるものもおばさんに人気でしたが、今では名前も聞かないじゃないですか。

#

2021年3月10日

コメントを残す