高校物理非保存力がはたらく場合 非保存力は仕事をしないか。ID非公開さん衝突の前後で運動エネルギーが保存するのは、e=1。最大の縮みを求める 非保存力は仕事をしないから力学的エネルギーは保存される 縮みをxとすると 0 (m+n)m^2Vo^2/2=k*x^2/2 とすると x^2= となりxに虚数単位iが含まれてしまいます 何が誤りですか高校物理「非保存力がはたらく場合」。物体に非保存力がはたらいていても。仕事をしない場合は。保存力だけが はたらく場合と同じで力学力学的エネルギーが保存されない運動。単振り子の力学的エネルギー』『ばね振り子の力学的エネルギー』は力学的
エネルギーが保存される場合の話でしたが。本項では力学的保存力のみが
はたらく運動においては力学的エネルギーは保存されますが。非保存力も
はたらく運動においては力学的エネルギーは保存されません。力の向きが運動
の向きと逆なので仕事は負でありますし。物体が仕事を受け取ったかどうかで
いうと。物体の運動

非保存力。このように。物体を点から点に移動するとき。移動させようとする力のする
仕事が経路によらず一定になる場合。元々物体にはたらいていた力を保存力と
いいます*「保存力」という名前は力学的エネルギー保存の法則からきています

ID非公開さん衝突の前後で運動エネルギーが保存するのは、e=1 の弾性衝突の場合だけです。この問題の衝突は、衝突後、一体となるので、e=0 の完全非弾性衝突であり、運動エネルギーが減少します。ですから、力学的エネルギーが保存するのは、衝突直後から以降になります。まず、衝突直後の速さを運動量保存から求める必要があります。衝突直後の速度をV とすると、衝突前後での運動量保存より、mvo +0 =m+MV∴ V=mvo/m+Mここから力学的エネルギー保存により、1/2m+MV2 =1/2kx2kx2 =m+M?mvo2/m+M2=mvo2/m+M∴ x=mvo /√[km+M]となります。>0-m+nm^2Vo^2/2=k*x^2/2左辺の次元が合いませんが、この式は運動エネルギーの差=受けた仕事という式で、このときの右辺はバネの仕事で-k*x^2/2。力学的エネルギー保存の式にするなら、運動エネルギー + 0 = 0 + k*x^2/2ここの運動エネルギーは衝突直後の速度Vが運動量保存則から m v0 = m+MV ∴ V = m v0/m+Mだから運動エネルギー = 1/2m+M V^2 = 1/2m+M [m v0/m+M]^2= m^2 v0^2/2m+M

#

2021年3月10日

コメントを残す