音声出力の変更の処理 Androidでアプリごとの音声制。まず、rootなしの方法→こちらのアプリを使えばよいです。Androidでアプリごとの音声制御をする方法はありますか 音声出力の変更の処理。概要自動入力用にアプリを最適化する自動入力サービスを構築する自動入力
をキーボードと統合するこの呼び出しは。アプリのライフサイクルで。通常は
メディアを制御するアクティビティまたはフラグメントの メソッド
から行いますはありますが。アプリで前述の メソッドを使用し
て音声ストリームのレベルを変更することはできませんユーザーは。さまざま
な方法で デバイスのオーディオを聴くことができます。ユーザー補助のショートカットを使用する。ユーザー補助アプリごとに。使用するショートカットを選択できます。 ステップ
ユーザー補助のショートカットを設定する デバイスで使用する
ユーザー補助アプリには。ショートカットを好きなだけ設定

まず、rootなしの方法→こちらのアプリを使えばよいです。しかしこれはバックグラウンドで常駐していて、設定しているアプリが開かれるたびに、自動で音量を変更しているだけなので、バックグラウンドで流れている音声と、フォアグラウンドで流れている音声を別々にすることはできません。つまり、後ろでSpotifyを聞きながら、Youtubeでトーク動画を見るとして、それぞれ別々の音量にすることは不可能です。次にRootmagiskでの方法→こちらのアプリを使う。これはシステムレベルでアプリごとの音量を制御しているから、フォアグラウンドとバックグラウンドの音声の音量をそれぞれ制御可能です。

#

2021年3月10日

コメントを残す