電流と電圧 起電力で図のような回路があったとすると高電位。電源は1個の「電源という部品」でもあります。起電力で図のような回路があったとすると、高電位から電流が流れ出ると考えていたのですが、電流って高電位から低電位に泣かれてるから本来は逆方向に流れるのではないですか bが高電位になる理由がわかりません。電流が高電位→低電位へ流れることはわかります。 が高電位になる理由が
わかりません。 この問題で。「コイルに起電力が生まれる→コイルは電池に
置き換えられる」と思うのですが。間は電池の内部ということになり。電流の
向きが→ならばが低→→というのは抵抗を繋いだときに。からを
通ってに入る電池の外側の話をしています。電磁誘導 魔木例題 コイル
に生じる誘導起電力図のように,巻数 回で断面積 が / の円形
コイルがある。

電気のおはなし。電流とは電荷の流れの事で。電荷は電子負の電荷や陽子正の電荷が担っ
ています。これらの事から。「電流とは電子流の逆の流れである」と定義して
いる考え方は。あくまでも通常の電子回路における「一般論」また。レールの
抵抗は非常に小さいので。もし数千アンペアの電流が流れてもレールの電位は
僅かに上昇するのみです。もし型だけとすると。単に電気を通す導体と同じ
ですが。ショックレーの考えでは。そこについ立のようなハードルを設けて。
ハードル電流と電圧。コンセントからとれる電気の「電圧」はボルト。単電池本の「電圧」は
ボルト。というのは多くの人この「電圧」として表される数値は電気
そのものの強さではなく。 「電気を流そうとする力の強さ」 です。水圧の
違いが水の流れ出る量に影響を与えるのと同様に。 電圧の違いは電流の量に影響
を与えます。このような処置がなされた電気の通り道となる部品のことを 「
抵抗器」 といいます。ここで。回路全体の抵抗値がだったとします。

電源は1個の「電源という部品」でもあります。部品内は、電気回路とば考え方が異なります。例えば電池の内部は化学反応によるものです。なので化学反応については電気回路と同じとは考えないのです。電離は、部品なので、電池の内部については電気回路とは考えない、って事です。電池の内部についてはオームの法則は使えないのです。

#

2021年3月10日

コメントを残す