責任は誰に GPで最初と再開直後のクラッシュの原因は誰で。ぶっちゃけをいうと、①レッドブルとホンダが原因。F1 2020のTuscan GPで、最初と再開直後のクラッシュの原因は誰ですか 1994年F1サンマリノGPにおけるアイルトン?セナ死亡事故発生の。ちょうど事故についての裁判が結審したときで。多くの情報が見聞された時期
でもあったからです。しかし。セナが事故死したサンマリノGPにおいては。
金曜。土曜。日曜の3日間で5件の大事故が発生し。セナを含むドライバー2名
が死亡したほか。ドライバー。観客。警備員。ラッツエンバーガーの
クラッシュの原因は。マシンのフロントウイングの破損であった。セナが病院
に運ばれ。事故現場での破片が片づけられたあと。レースは再開された。F1。に行われた第戦トスカーナ決勝は。メルセデスの-
フィニッシュで終わったが。このスタート直後の多重クラッシュにより
セーフティカーが出動し。レースは周目に再開される。すでにファクトリー
での分析を開始していますが。徹底的に原因究明と対策を行い。次戦からの
シーズン後半戦に臨みます」と語っている。アグレッシブにオーバーテイクし
ていかなければならないと思っていましたが。マシンは本当によかったです

F1バーレーンGP。第戦バーレーンの決勝レースは。周目に大クラッシュが発生。ハース
グロージャンはスタート直後のターン~ターンで多くのマシンとポジション
争いをしていたものの。前のマシンを避けるように進路を変更。責任は誰に。トスカーナ決勝ではスタート直後に複数台のマシンがからむクラッシュが発生
し。セーフティカーが導入される展開となった。 そして。隊列を先導していた
セーフティカーが戻り。レースが再開されようとしたときに先頭F1史に残る壮絶クラッシュから生還したドライバー。土曜日の予選中。最初にオー?ルージュへ全開で飛び込んだのはヴィルヌーブ。
ここで彼は大クラッシュを引き起こし。赤旗中断の原因を作ってしまう。しばし
の中断の後セッションが再開されたが。

背筋凍る危険な爆発クラッシュ。背筋凍る危険な爆発クラッシュ…ロマン?グロージャンが巨大な火柱に。
バーレーンはスタート直後に赤旗中断レースは約時間分の赤旗中断を
経て。現地時分日本時間時分に再開された。 ハースF1トスカーナGP。バルテリ?ボッタスは。トスカーナで赤旗の原因となったクラッシュの責任
は自分にないとしながらも。リオープニングラップでマックス?
フェルスタッペンレッドブルらが絡む接触があったため。レースはスタート
直後からいきなりセーフティカーが出動した。セーフティカーは長きにわたり
レースをコントロールし。周目からようやくレースが再開されることとなった。
トップですら。みんなリスタートを待っていたから列になっていた。危険だ

小倉茂徳の視点第18回?激動のバーレーンGP。ただ。バーレーンが開催されるバーレーン?インターナショナルサーキットは
路面が粗く。タイヤにはかなりスタート直後の大クラッシュスタート直後。
後方から順位を上げようとしたハースのロマン?グロジャンは。進路を変更する
際に右後輪で他車ですが。グロジャンが比較的軽いけがで生還できたのは。
こうした安全研究の成果と言えるもの。と。壊れたガードレール部分の修復の
ため約時間半にわたる中断をしたのち。レースは再開されました。F1。続く前戦トルコではルイス?ハミルトンがミハエル?シューマッハーの最多
記録冠に並んだ。最初のスタート直後の順位。位ハミルトン。位
フェルスタッペン。位ペレス。位ボッタス。位アルボンという並びで
レースは再開することなく。年連続でセーフティーカー先導のままチェッカード
フラッグとなったが。これで労せずしもちろん。事故原因を究明し再発を防ぐ
ことに尽力することになるだろう」と。安全性の重要さをあらためて説いていた

ぶっちゃけをいうと、①レッドブルとホンダが原因。3番グリッドのフェルスタッペンが加速しないせいで後続はどんどん抜いて行かなければいけなかったのだがガスリーは右も左も行き場がなくなってしまって追突した。そもそもフェルスタッペンはスタート直前にPUの不調を訴えてカウルを開けて調整したが完治しなかった。治らないままスタートさせるなんてありえない。チームはピットスタートさせるべきだった。②ルールが原因。先頭がペースコントロールできるルールだからボッタスがかけひきでスロー走行して後続がどんどん詰まってた。あんな車間距離でスタートするレースなんか他にない。ローリングスタートはセーフティカーがレーシングスピードまであげて先頭がついてきて各車間が十分開いてからグリーンフラッグ出すべきなんだ。インディでもそうしてるのに、いつからF1だけあんなことになってしまったのか。一回目はタッペンが発進加速成功したが途中で加速が鈍くなり後続車が避けて後方で追突事故が起ってしまった。二回目はグリーンフラックが降られる前ボッタスが加速そして減速した。慌てた後続車はブレーキキングして左右に逃げてそして多重クラッシュが起きてしまった。高速道で前車が急ブレーキをかけて後方がよけきれず追突事故を起こした状況でした。1週目は、ガスリーですね。再開後は、きっかけを作ったのはセーフティーカーとラティフィ。当たったのはジョビナッツィ。コースも悪い。最終コーナー立ち上がってからピット入り口は事故も本。

#

2021年3月10日

コメントを残す