福祉施設で勤務しているのですが利用者さんの食事介助にはコ。直接浴びないという意味で、コロナに限らずメガネ状の物を装着しておくのは有効だと思われます。福祉施設で勤務しているのですが、利用者さんの食事介助には、コロナ対策として、フェイスシールドを装着していますが、 食後の歯磨きや水分補給時もフェイスシールドを装着して行なう取り組みをしているのですが、暑すぎて危険です 100均でも売っている花粉症のメガネは飛沫感染の観点からして、意味あるのでしょうか 常時着用を義務としたいです

直接浴びないという意味で、コロナに限らずメガネ状の物を装着しておくのは有効だと思われます。密着型のゴーグルである必要はないでしょう。フェイスシールドの代わりになるものとしてお考えなら、マスクとスポーツグラス形状のものを装備されると暑さも軽減されて、目的も達成するのではないかと思います。意味はあるかもしれませんが。メガネまですると、もはや福祉施設とは言えないような気がします。笑花粉症のメガネ着ける意味はありません。目からコロナに感染したなどの報告はありませ。最近、大げさになっていますが要は、大声を上げて喋らなければ感染はほとんどありません。フェイスシールドだげで十分です。その代わりフェイスシールドは清潔を保って下さい。1日一回アルコールをして下さい。そして、自分がはく上履きも注意して下さい。床に落ちたコロナは3日間生きるのデータもあります。本当なら、施設に入る前に漂白剤を染み混ませた大きな布を踏んで施設に入るのが、コロナ持ち込みに一番よいのですが。

2021年3月10日

コメントを残す