研究者に聞く 気温の包絡線の形円弧状右肩下がりの形は単純。46億年を簡単に。NHKの科学番組「コズミックフロントNEXT」で、地球誕生来の気温の変遷についてやってたんですが、どうも高温の時期と低温の時期があるようですが、縦軸に気温?横軸に時間(億年単位)のグラフの、 気温の包絡線の形(円弧状右肩下がりの形)は、単純に大気中の二酸化炭素濃度の変遷の図面とよく似ていると思いましたが、それはおいときまして、何故、気温は高温と低温の時期に分かれるのか、そして間氷期といわれる時代は何故あるのか不思議に思っています

このようになる理由について、ご存知の方、できるだけ簡単にご説明願えませんでしょうか 気温の包絡線の形円弧状右肩下がりの形は単純に大気中の二酸化炭素濃度の変遷の図面とよく似ていると思いましたがそれはおいときまして何故気温は高温と低温の時期に分かれるのかそして間氷期といわれる時代は何故あるのか不思議に思っていますの画像をすべて見る。

研究者に聞く。国立環境研究所は気象研究所などと共同で。旅客機を使って上空の二酸化炭素
濃度の観測を行うコンでも。人が出した二酸化炭素がすべて大気
中に残っているわけではないのです。我々が住んでいる「対流圏」は上方に
行くほど気温が下がります。ただ。離れた場所から測定しているので大気を
直接測る方法に比べると精度はよくありませんし。高度の情報も正確に二酸化炭素濃度の経年変化。気象庁の観測地点である綾里。南鳥島及び与那国島における大気中の二酸化炭素
濃度と。その時系列データから季節変動や。それより短い周期成分を取り除いた
濃度及び濃度年増加量の経年変化を図に示します。いずれの観測地点においても

46億年を簡単に?!ソリャ無理です。これでも読んで、

#

2021年3月10日

コメントを残す