百舌鳥もず 子供の頃見た百舌のはやにえを思い出したのです。メジロちゃんです。百舌のはやにえ

自宅の鉄柵につる植物が絡んでおり
冬になるとそれが枯れて、細く硬いつるが絡み付いたまま残ります

…その絡み付いている枝の細い先端に、なぜか最近金柑の実が突き 刺さっています
子供の頃見た百舌のはやにえを思い出したのですが、調べてみたところ百舌は肉食で金柑などは食べないそうです
ヒヨドリが樹から落として食べているのはよく見かけますが…

枝が細いため金柑を突き刺すのも大変では無いかと思うのですが
そういう習性のある鳥などいますでしょうか 子供の頃見た百舌のはやにえを思い出したのですが調べてみたところ百舌は肉食で金柑などは食べないそうですの画像をすべて見る。

モズの『はやにえ』の機能をついに解明。モズは動物食の鳥類で。捕えた獲物をなわばり内の木々の枝先などに突き刺して
「はやにえ」を作ります。はやにえは餌の少ない冬に備えた食糧で。モズはは
やにえを食べることで冬の飢餓を回避できるという仮説です。モズのオスの
なわばり内の木々などをくまなく見て回り。はやにえの生産時期と消費時期を
詳細に調べた結果。モズのオスは非繁殖期にのみはやにえを生産し。百舌鳥もず。もずのうた~ 秋になると。公園や畑地。川沿いの草原の近くで。「キィー
キィーキィー」という甲高い声を聞くことがあります。周囲を見渡してみると。
枯れ枝の先や杭の上などに。モズの姿を見つけることができます。組のつがい
の雛。羽の遺伝子を調べてみると。その中の羽が育てていたオスの子供では
ないことが判りました。そして刺してからすぐ食べてしまうことも。捕らえた
獲物を次々と刺して廻り。そこら中を早贄だらけにしてしまうこともあるそう
です。

かわいい顔だが「肉食系」のモズ。はやにえ」と呼ばれる。木の枝などに獲物を刺す行動で知られるが。この行動は
なぜ行われているのだろうか?今回。ご紹介する鳥は。農耕地や高原など。
ちょっとした薮のある開けた環境で繁殖する『モズ』です。高鳴きと呼ばれる
特徴的な声。尾羽をくるくると回しながら鳴いている姿を見たことがある方も
いると思います。図鑑で。モズについて詳しく調べる私は。早口で歌う
モズとそうではないモズがいるなんて。感じたこともありませんでした。実家のまわりに“モズのはやにえ”がたくさん。しかし。実家に帰ってから父に はやにえの話をすると。「庭で見た」と即答で
あった。なんなんだ。そんな話聞いたことないぞこっちからも尋ねなかっ
たからだけど。これはすごい。庭。ですって

ポケットマルシェ。ポケットマルシェポケマルは。農家?漁師さんが旬の食材を出品?販売する
オンラインマルシェです。野菜や果物。肉。お魚などを産地直送で宅配?お
取り寄せ。生産者と会話しながら。直売所感覚でお買い物をお楽しみください。鵙の贄の結果発表。句は映像を思い出して作りました。こくりこ○鵙の早贄には。?備蓄説?食べ
残し保存説?殺戮の本能説などの見解があるようです。紅の子○鵙の贄が高い
ところにあると。洪水が来て。低いところにあると。晴天が続くと子供の頃。
近所でいい伝えがありました。とそこだけ気になったので。画像見ないよう
にして調べました。まして。「百舌の贄」を眼にすることはありません。歳
を越した私でも小さいとき。見たことがあったような。なかったよう

モズのはやにえ速贄。モズは捕えた獲物をその場で食べないで。木の棘や有棘鉄線に突きさしておく
習性がある。この干物を「モズのはやにえ速贄」「モズのはりつけ」「
モズのくさぐき」などと呼んでいるが。私が子供の頃は「神戸の気候やモズの
移動のようすから見ても当然そうなるはずである。すぐ枝を調べたところ。
近くに数個のはやにえがあり。生々しいものもつでなく。つい今。作ったものは
。その中のどれか真似をしてみたが。虫がバラバラになるか。棘が折れて
しまう。

メジロちゃんです。メジロは甘い物が大好きで、よく桜の蜜を舐めているところを見ます。メジロはモズと一緒で、餌を冬までさして置いておく習性があります。冬は餌が取れないので、枝にさしたのでしょうね。

#

2021年3月10日

コメントを残す