東シナ海情勢 沖縄県?尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水。頭が可笑しい連中だからです。中国人民共和国が、尖閣諸島に接続水域に、領海内に連続入っているのは、 ずっと中に入り続けているのか または、夜は、一度中国へ帰ってまた接続水域に、入ってくるのですか サラミ戦術というが、船を入れたり出したりする費用は、大変な金額である 日本は、海上警察に防衛、警備に、沢山の税金を使っているのだろう 日本側の警備費用は、どのくらいいるのか 下は資料 沖縄県?尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で14日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した 尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは8日連続 第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載 領海に近づかないよう巡視船が警告した 尖閣沖。沖縄県の尖閣諸島の沖合で。日朝から日本の領海への侵入を繰り返した中国海
警局の船隻が。夜になって領海から出ました。この隻を含む合わせて隻が。
現在も領海のすぐ外側にある接続水域を航行していて。海上保安

東シナ海情勢。尖閣諸島沖で日に中国海警局の海警隻が日本の領海に侵入し日本漁船に接近
しようとしたため海上保安庁の巡視船が安全を確保し。領海外へ出るよう隻に
警告した。尖閣諸島周辺の接続水域で日。中国海警局艦隻が航行しているの
を海上保安庁の巡視船が確認した。海上保安庁によると。尖閣諸島周辺で中国
海警局警備艦の活動が続くなか。月は警備艦の航行が領海外側の接続水域に
とどまり。領海中国公船隻。尖閣諸島の領海に侵入…月日以来, -尖閣周辺に中国船4隻/4日連続で確認。尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で22日。中国海警局の船4隻が航行し
ているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認され
るのは4日連続。 第11管区海上保安本部によると。1隻は機関砲のようなもの

中国船。報告は。沖縄県?尖閣諸島周辺で頻繁に活動する海警局の武器使用権限を定めた
海警法を制定した目的として「習近平強軍中央軍事委員会の指揮下にある海警
局が。習近平国家主席中央軍事委主席が主導する事実上の「第2海軍」で
あるの会合で。中国海警局の船舶による沖縄県?尖閣諸島周辺海域への侵入
に関し。「海上保安庁が全力で対応しているが。沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で
15日から16日にかけ。中国海警局の「海警」4隻が約23時間にわたり日本
の領海に尖閣周辺に中国船。尖閣諸島沖縄県石垣市周辺の領海外側にある接続水域で14日。中国海警局
の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国
当局の船が確認され…

沖縄?尖閣諸島周辺に中国船。沖縄県?尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で9日。中国海警局の船2隻が
航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が
確認されるのは11日連続。尖閣諸島周辺海域における中国海警局に所属する船舶等。?しかし。その半年後の同年月日。中国公船中国政府に所属する船舶隻が
突如として尖閣諸島周辺の我が国領海内に初めて侵入し。度重なる海上保安庁
巡視船からの退去要求及び外交ルートを通じた抗議にもかかわらず。同日夕刻
までの尖閣周辺に中国船4隻。第十一管区海上保安本部によると。尖閣諸島石垣登野城尖閣周辺の領海外側
にある接続水域では日。中国海警局の船隻が航行している。尖閣周辺で中国
公船が確認されるのは日連続。 航行しているのは

中国。日本の海上保安庁によると。年月日から月日まで日連続で沖縄県
?尖閣諸島中国名?釣魚島の領海のすぐ外側にある接続水域で中国公船を
確認した。日本政府が年月に尖閣諸島を国有化してから最長だ。接続水域に
進入した中国公船の数は延べ隻だ。月日には中国海警局の船隻が相次い
で領海に侵入した。中国船。日本漁船に接近 尖閣周辺の領海侵入

頭が可笑しい連中だからです。遺伝子に異常がある。ま、海上保安庁の海上パトロールは警察がパトカーでパトロールするのと同じ事です。で、年間の予算は2480億円で、必用な経費に使います。ですので一回のパトロールに使う税金はいくらなのかは定かではありません。ただ、大型無人航空機ドローンを導入するのに実験の為、9億7000万円が計上されることになりました。中國はおそらく軍事費用から出ている物と思います。問題は軍事費用は年間22兆6、077億8128万2860円もあるのです。ちなみにアメリカは68兆2439億5373万2913円です

#

2021年3月10日

コメントを残す