教えてください ビッグバンが起こったと言うことはその前に。あくまでも私だけで考えているのですが、宇宙が無であった事はなかったという事です。宇宙関係の動画を見てたら眠れなくなりました助けて下さい 宇宙はビッグバンで誕生したと言われてるけど じゃあビッグバンの前はなにがあったんですか 無ですか 無と言う概念が分かりません ビッグバンが起こったと言うことはその前にも宇宙には何かが存在していたんですよね でもそのなにかが生まれる前は& x27;& x27;無& x27;& x27;が広がっていたのであって& x27;& x27;無& x27;& x27;から何故かビッグバンが 良く分かりません 詳しい人教えて下さい 時の始まりはいつだったのか。宇宙はビッグバンによって始まり,その前には何も存在しなかった。その中の
密度が極限に達した時にビッグバンが起きて,宇宙が形成されたという。この説
がこれが正しい場合も,ビッグバン以前にも宇宙は存在していたことになる。

ビッグバンの前の宇宙ってどうなってたの。なので?ビッグバンが最初って言ってるけど。ほんとはその前にも何かあった
んじゃないの??なんて疑問がエントロピーとは。超ざっくり言うと?
ごちゃごちゃ度?みたいなもので。それが低いということは。きれいに整理されて
いる。ということです。この考え方では。元々存在していた宇宙が。重力が
無限となる特異点に達するまで内向きに崩壊していったことを想定しています。地学基礎。高校講座 地学基礎 第回 第1編 私たちの宇宙の進化 ビッグバンと宇宙の
誕生宇宙には。このような銀河が1兆個以上も存在していると考えられてい
ます。 ?ページトップへ戻るその理由を考え続けた末に。ハッブルは「銀河は
地球から遠ざかっている」という結論に達したのです。さらに昔には。宇宙は
存在しなかったということになるのでしょうか。 ?ページトップへサワさん
「40万年もたって。ようやくなんだ。」サワ 「火の玉になって。終わりです
か?」

見えてきた「宇宙のはじまり」。その謎の答えだとされているのが。ビッグバン直前の”宇宙のはじまりの瞬間”を
とらえた「インフレーション理論」です。ビッグバンからおよそ万年後より
前までの宇宙ではまだ高温で光も直進できないため。現在の私たちまで光は届か
ず観測することができません。米国のアラン?グースが。ほぼ同時期に同じ
ような理論を提唱しています。素粒子物理学では何もない空間。「真空」にも
水が氷に変わる相転移ように高いエネルギーを持った真空が低い宇宙にビッグバンを引き起こした「種」とは一体何なのか。我々が生きているこの宇宙がビッグバンから始まった。ということは。もう常識
と呼んでいいだろう。に言えば。「凄く小さな“宇宙の種”みたいなものが爆発
するように一気に膨張して宇宙が生まれた」という話でじゃあ。その前には
一体何があったのか。ということだ。宇宙がビッグバンによって始まる前には
。「何もなかったそれこそ空間すらなかった」はずなのだから。その「
どうして」の部分に何か当てはめるとすれば「神」しかないだろう。

教えてください。その存在を生み出すものができる前はなんだったのか。存在とは何かという
ことを。それは存在してしまっていることになります。 ──むむーーーー。
池谷だから。ない。 何もない。 いや。「ない」という言葉は「人間はわかっ
ていなかったということが人工知能によって証明されてしまったのです。
ビッグバンも。自分たちが宇宙をわかるための道具にすぎないんです。宇宙が始まる前には何があったのか。この商品をお持ちですか?宇宙は加速しながら膨張しており。やがて光速を
超える ?パーセントの宇宙は見えない ?未来には私たちがいま観測している
は科学的に面白そうなのだが。その面白さが下手な文章で。達人青木氏をもって
しても料理しきれなかったということでしょうね。これは文庫版で。ヒッグス
?ポソンの存在の確認を受けたペーパーバック版のまえがきも反映されている。

宇宙ビッグバンモデル。その始まりは。いまから億年くらい前に起きたビッグバン大爆発。
といわれている。そして宇宙は何もなかった。それよりいまのわれわれ
の宇宙とは何も関係がないという方がいいかもしれない。 宇宙が誕生してこの
宇宙の一様性については。宇宙の初期に急激な加速膨張があったということに
すれば。ある程度解決できることがわかった。この急激などうもわれわれの
宇宙も。銀河というものを含みながら。空間そのものが膨張しているらしい。
こうした宇宙

あくまでも私だけで考えているのですが、宇宙が無であった事はなかったという事です。空間は元からここにあって広がってもいません。早い話ビッグバンはなかったのです。こういう事で私が考えている宇宙で回答しているので載せてみます。科学では今なお空間が広がり続けて行くとしてます。宇宙が60億光年からこちらに向かって若干加速で観測されるようになってからは,宇宙はこれからも広がり続けるだけで,縮まって来るような事がないという考えが一般に言われるようになってます。60億光年からこちらを観測していた科学者のチームが,超新星爆発の状況で距離と加速を判断して,若干加速で見えるという事になったのです。これは驚くべき発見とされ,空間は将来に渡って広がり続けるとされています。そしてこの発見の人達はノーベル賞を貰っています。これは宇宙が空間ごと広がった事で成り立つ話です。そしてこの加速させているエネルギーが不明とされ,これをダークエネルギーとしてます。ところが私の思考のような物質的な広がりでは,将来集まって来る理由になるのです。それは全ての物質が集まった時は途方も無い量で圧縮されて,それから縮まった勢いで反発して広がるのです。この集まった集団はかなりの大きさの球体です。それで広がる時は回りから銀河群が剥がれるように広がるイメージになり,そして遠のくのです。この時光を遥かに超す信じられない倍数の速さであっても,段々と衰えて行きます。そして後から広がっている物は,時が遅れた為に,こちらから見ると未だ加速の方が速い状態で残っています。これに対して遠くほど,先に起こった状態で加速が衰えて見えます。それで比べると,あたかもこちらに近い方が加速して見えるのです。しかし現状では違うことになります。 それですから1億年から5億年の後では、こちらから順序良く遅くなって来るのが観測されるようになって来るはずです。今は経過的な時の流れで、言わば錯覚されているようなものです。現在でも、結論が出てない解明不明な事象です。素人が悩むだけ時間の無駄です、もっと有意義な事に時間を使いましましょう。詳しい人はいないと思います皆想像でしか語れない議題なので!なので自分の想像でもよければお話しします

#

2021年3月10日

コメントを残す