伝統文化の灯 新型コロナウイルスの集団感染による風評被害。設計には問題はないだろうが、発注には問題があった国際橋を実測しないなんてのは職務怠慢で市民に損害を与えた責任は重大。横浜?みなとみらい21(MM21)地区の運河に横浜市が建設している歩行者デッキ「女神橋」の高さが低く架設され、これまで航行していた船舶が通れなくなっていることが、23日分かった 本格的な行楽シーズンを 前に観光船が営業できない事態に直面 一般のプレジャーボートの安全航行にも支障が生じる恐れがあるが、発注元の市は設計に問題はなかったとの立場を示している 女神橋は、横浜港の臨港パークとカップヌードルミュージアムパーク(新港パーク)を海沿いで結ぶ歩行者デッキ 延長は約75メートル、幅員は6?8メートルで、今年7月の完成を予定している 計画時の事業費は4億円で、国と市が負担する 市によると、女神橋の水面からの桁下高は、運河の約100メートル上流に架かる「国際橋」を基準に設計 同橋橋桁に記された「桁下高3?5メートル」との表示や、市の港湾計画や海図を根拠に、女神橋の桁下高を3?5メートルとして発注した 架設した今月18日、横浜港内の周遊クルーズなどを手掛ける観光船の運航会社が「女神橋をくぐれない」と市に連絡 翌19日に市が調べたところ、女神橋の桁下高はほぼ設計通りの約3?6メートルだったが、基準とした国際橋は実際には約4?2メートルで、女神橋が約60センチ低かったことが分かった 市港湾局の成田公誠政策調整課長は、国際橋を実測しないまま発注したことを認めた上で、「女神橋の桁下高を3?5メートルとした設計の考え方に問題はなかった 高さ3?5メートルよりも大きな観光船が通航していることは把握していなかった」と説明 「現状では架け替えは考えておらず、運航会社とは今後個別に協議する」とした ◆桜クルーズ、急きょ運休 「市は早急に対応を」 横浜?みなとみらい21(MM21)地区の運河に架設された女神橋を観光船が通過できずに急きょ運休するなど、横浜港で混乱が生じている 花見のシーズンを迎えたこの時季は例年、桜の名所として知られる大岡川の遊覧や夜景を眺める周遊クルーズでにぎわうだけに、影響は深刻だ 新型コロナウイルスの感染拡大で影響が生じる中での新たな問題に、運航会社からは悲鳴が上がる MM21地区の運河内を拠点とする観光船は、好天に恵まれた3連休中の21日午後に予定していた桜ミニクルーズの運航を見合わせた 女神橋をくぐれず、横浜港に出られなかったためだ 担当者は「(新型コロナウイルスの感染拡大による)運航自粛から再開した当日の18日に、女神橋で航路を突然ふさがれてしまった 今後どうしたらいいのか」とつぶやいた 別の関係者は「(女神橋の架設による)影響がこのまま1年間続けば、年間で半分ほどの便が運航できなくなる 被害は甚大で、市は早急に対応してほしい」と語気を強めた 新型コロナウイルスの集団感染による風評被害で運休が続いている屋形船の関係者は「実際にくぐれるかは運航してみないと分からないが、横浜港のにぎわいに水を差す新たな障害になりかねない」と不安を訴えたと言うニュースがありますが皆さんはどう思われますか 屋形船。都内で。これまでに確認された新型コロナウイルスの感染者人のうち人は
新年会の参加者や。その関係者でした。屋形船の中は。どのような状況だった
のか。会場となった屋形船の会社や。個人タクシーの組合の関係者

新設の橋。新型コロナウイルスの集団感染による風評被害で運休が続いている屋形船の関係
者は「実際にくぐれるかは運航してみないと分からないが。横浜港のにぎわいに2020年3月のブログ記事一覧2ページ目。新型コロナウイルスの集団感染による風評被害で運休が続いている屋形船の関係
者は「実際にくぐれるかは運航してみないと分からないが。横浜港のにぎわいに伝統文化の灯。新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言解除を受け。宴会参加者などに感染者
が出た東京都品川区の屋形船当初屋形船が感染源とみられたことで風評被害が
広がり。相次ぐ予約キャンセルや中傷にさらされた。いまだ逆境の中を進むが
。女将おかみは「伝統の灯を消さないよう前を向きたい」と意気込む。<下
へ続く>伊東さんによると。下船後に「夜景がきれいだった」「貸し切りで他
の人がいなかったので逆に安心だった」などと話していたという。

検証:的交通関連NewsClip。検証的 横浜市によると。女神橋の水面からの桁下高は。運河の約
検証的 新型コロナウイルスの集団感染による風評被害で運休が続いて
いる屋形船の関係者は「実際にくぐれるかは運航してみないと分からないが。報道。新型コロナウイルスの集団感染による風評被害で運休が続いている屋形船の関係
者は。「実際にくぐれるかは運航してみないと分からないが。横浜港のにぎわい新型肺炎。この屋形船から感染者が出たため。従業員に衛生管理の講習を受けさせたり。船
の消毒を徹底したりと対応に追われることになった。週間近く営業を自粛して
いるが。予約のキャンセルが相次いでいるため。再開のめどは立っていない。
都内業者が加盟する屋形船東京都協同組合台東区によると。横浜港に停泊
するクルーズ船「協同組合の高橋呂美ろみ事務局長は「屋形船に乗ること
自体が危ないような印象を抱かれてしまっている」と風評被害を懸念

みなとみらいの女神橋:。新型コロナウイルスの集団感染による風評被害で運休が続いている屋形船の関係
者は「実際にくぐれるかは運航してみないと分からないが。横浜港のにぎわいにVSコロナ屋形船は「密」じゃない。新連載。第2回は。国内のコロナ第1波に直撃された「屋形船」を取り上げる
。2月。東京都が都内では初めてクラスター…事業者らは感染予防対策を徹底
する一方。「屋形船が『密』だというイメージは誤り」と風評被害の払拭に全力
を挙げている。苦渋の表情で振り返ったのは。東京?品川で屋形船を運航する
船宿「丸裕」を家族経営する丸裕二さん55。なくなることはないはずだ
と。どの屋形船もできる限りの改装などをして復活を期している。

新設デッキ低すぎた。新型コロナウイルスの集団感染による風評被害で運休が続いている屋形船の関係
者は「実際にくぐれるかは運航してみないと分からないが。横浜港のにぎわいに
水を差す新たな障害になりかねない」と不安を訴えた。

設計には問題はないだろうが、発注には問題があった国際橋を実測しないなんてのは職務怠慢で市民に損害を与えた責任は重大

#

2021年3月10日

コメントを残す