不等式と領域 xのグラフがx軸上およびx軸の下側にある範。とりあえず答えだけ。高校数学の2次関数や2次不等式の問題です ① 2次関数y=(x+3)(x 1)のグラフとx軸の共有点のx座標は、2次方程式(x+3)(x 1)=0の解であるから、x= 3とx=【 1 】である ② 2次関数y=2×2 21x+10 のグラフとx軸の共有点のx座標は2次方程式2×2 21x+10=0の解であるから、x=2分の1とx=【 2 】である ③ y=(x 1)(x 3)のグラフを利用して、不等式(x 1)(x 3)<0 を成り立たせるxの値の範囲を求めるには、y=(x 1)(x 3)のグラフがx軸の下側にある範囲に着目すればよいので、【 3 】< x < 3 となる ④ y=(x+3)(x 4)のグラフを利用して、不等式(x+3)(x 4)≧0を成り立たせるxの値の範囲を求めるには、y=(x+3)(x 4)のグラフがx軸の上側にある範囲を考えれば良いので、x≦ 3、【 4 】≦x となる ⑤ y=x2 xのグラフを利用して、不等式x2 x<0を成り立たせるxの値の範囲を求めるには、y=x2 xのグラフがx軸上およびx軸の下側にある範囲を考えれば良いので、【 5 】< x < 1 となる ⑥ 2次不等式x2 3x+2>0を解くには、まず2次方程式x2 3x+2=0を解く この方程式の解を用いて不等式を解くと、x <【 6 】、2 < x となる ⑦ 2次不等式x2 4x+3≧0を解くには、まず2次方程式x2 4x+3=0を解く この方程式の解を用いて不等式を解くと、x ≦ 1、【 7 】≦ x となる ⑧ 2次不等式x2 2x 3≦0を解くと、 1 ≦ x ≦【 15 】となる ⑨ 2次関数y=x2 8x+16のグラフはx軸との共有点を1だけもつので、2次不等式x2 8x+16≦0の解は、x=【 9 】である ” ” こちら解いていただきたいです 少し多くなりますが、よろしくお願いします 基本曲線とx軸の間の面積と積分。放物線と軸の間の面積軸より上; 放物線と軸の間の面積軸より下;
放物線と軸の間の面積軸をまたぐ基本曲線間の面積と積分の前半
部分で見た通り。グラフが 軸より上にある場合は。そのまま積分すればいい
のでした。後半部分では。つの曲線で囲まれた部分の面積を考える場合。上
から下を引いて積分をすればいいのでした。上から下を引いて積分する」と
考えれば。次の式で面積を求めることができる。ということがわかります。

「2次関数のグラフとx軸の共有点」と「2次方程式の解」。したがって,座標がとなるグラフ上の点の座標,つまり,=のときの座標
を求めればよいのです。 =+つまり, 1次関数=+のグラフと軸の
共有点の座標は,1次方程式+=の解である,といえるのです。 ?2次
=?+のグラフと軸の共有点の座標は, ,とおけるので,=
? + で, = として, =?+ この次グラフが「上に凸」の
ときは,両辺に?1を掛けて,の係数を正の数にした方が計算しやすくなり
ますよ。不等式と領域。不等式+の表す領域は。=+の直線の「下側」グランドを ,平面と
考えたとき。方程式=+で表される直線はグランド全体から言えばわずかな
場所しか表していない。中学校の幾何図形で習うように。正確に言えば「
直線」には幅を考えないので。方程式で表されている直線の「面積」は=+
のグラフ上にある点を,とおくと。ても左右に分けても示すことのできる
領域は上下に分けて考えればよく。上下に分けて示せないときは左右に分ければ
よい。 例

練習。練習 次関数 =-^{}+/-/– のグラフが次の条件を満たすよう
に。き の値の範囲を定めよ。グラフを考えれば良いです。グラフが軸と
共有点を持つというだけでは。軸正の部分と共有点を持つ可能性もあるので。
さらに軸が軸負の側にあること。であることのつを追加すれば。軸正の回答お願いします。一 十 のグラフと 軸の共有点の 座標は, 次方程式 一 十王の
解 であるから ニラゥと?ダーアァ”ーァ のグラフが 軸上および 軸の下側
にある範囲を考えればよいので, ご となる。

とりあえず答えだけ。全て基本的な問題なので、もしこれらの問題が解けない場合、まずはグラフを描いてみることから始めてください。11210314450617315394これだけだと、良く分からんで終わるかも知れないので、⑦7の問題だけちょっと詳しく。y=x^2-4x+3=x-1x-3≧0y=0となるのは、x=1, 3のとき。グラフは以下のようになるから、y≧0となるのは、x≦1, 3≦x のとき。

#

2021年3月10日

コメントを残す