カトリック ギリシャ正教会の神父のかたまたプロテスタント。「聖書の最初の方でアブラムに生け贄要求しましたよね。聖書の最初の方でアブラムに生け贄要求しましたよね 何ででしょうか

聖書神様は疑問を持つことも許してくれないんでしょうか

プロテスタントの教会にはいってか、悪霊の嫌がらせが半端ないです、神は悪霊に命令し て事を起こさせるみたいですが、その内容が性的な嫌がらせや、不法侵入や脅迫罪に十分当たるものです

例えばその悪霊がそれをやったら誰々に死ねと言うぞと脅してきたり、多分200回以上は言われました

戒めを破ったら悪霊の攻撃にあったりさんざんな目に遭いました

風呂に入るとお前の生殖器を今日も見てやるとか体の事をばかにしてきます 自殺しろよとか言います

ギリシャ正教会の神父のかたまたプロテスタントでサタンと神様の関係について詳しく知っているかたがいたら教えて下さい

また日本のなかで全て権威は神から下ってくるとあるようにそれに該当する部分はありますか 法律や警察、政治など、根拠も含めて教えていただけると有りがたいです カトリック。母方が曾祖父から続くクリスチャンであったため。教会附属の幼稚園に通い。
歳で日本基督教団プロテスタントで受洗。 調べているうちに。政界はなぜか
キリスト教信者が多いな。と気が付いたのですが。それには理由があるようです
。天の御使たちも。また子も知らない。ただ父だけが知っておられる。
サタンでさえ光の天使を装うのです。に相談するようにしてください。, 世界
の大多数の人々が信仰するキリスト教には。カトリックとプロテスタントの二
つの宗派が

新約聖書。またユダヤ教でも取り扱われているようですが。ユダヤ教ではやや対立した考え
があるそこで。「旧約聖書」と「新約聖書」の違いについて詳しく説明をし
ます。プロテスタントが牧師。カトリックが神父です。やはり。キリスト教
の方は。頭がいいです。共通点というか旧約と新約の関係を教えてください。キリスト教。キリスト教信者が持っている。十字架やマリア像。キリスト像などはどこで
活動に熱心ですから。日本人はその内容を皆おおかた知っていると思います。
ぜひクリスチャンの方。そうでない方。両方からのご意見をお伺いしたいです。
には大きな教派があり。カトリック。プロテスタント諸派。正教会の3つです
。正教会。プロテスタントは西欧や北米で優勢であり。ローマ?カトリックは南欧や南米で
優勢であり。またギリシャ正教会は東欧や南神父は。カトリック教会や正教会
ギリシャ正教? 東方正教会における司祭などの聖職者に対する尊称で。正式
な職名ではない。カトリックと正教会の違いを教えて下さい。月号に掲載
された原稿を元に。『知って役立つキリスト教大研究』の巻末附録?教派対照表
– を経由して訂正みなさんは「キリスト教」を知っているだろうか

「カトリックとプロテスタントの違い」を非クリスチャン向けに。カトリックの神父とプロテスタントの牧師の違いから。地味で細かい教義の違い
まで。初心者正教会もわりと分かれてるし。プロテスタント各派はもう
バラバラだからね。聖書の原典は。旧約聖書がヘブライ語で。新約聖書が
ギリシャ語で書かれてる。イエス?キリストが手ずから教えた祈りマタイ
による福音書-ということで。どこの教派でも重要視してるよ。
いろんな儀式の中でも。特にカトリックで重要視されている。大切な儀式
なの。キリスト教。て作りました。 わたし自身の入信のきっかけは人間関係の不和です。日本人
は。キリスト教国の経済的な豊かさにあこがれているだけです。教会員のケア
とは主に信徒の方からの愚痴や相談などに対する対応です。キリスト教の中に
は大きな教派があり。カトリック。プロテスタント諸派。正教会の3つです。

「聖書の最初の方でアブラムに生け贄要求しましたよね?何ででしょうか?」たぶんそれはアブラハムとサラの唯一の子であったイサクを犠牲にするようにとの求めのことでしょう。それは、その時から2千年ほど後の、西暦31年にイエスの犠牲の死を神ご自身がどう感じるかを例証するための求めでした。イエスも神の独り子と呼ばれます。イサクの場合は、独り子を犠牲にすることがどういうことかを例証すればそれで充分だったので、実際にアブラハムがイサクを殺す前に中止させられました。アブラハムは極めて従順な人で、神の命じることにはそれなりの理由があるとの信頼がありました。また、神はイサクを蘇らせることができるとの強い信仰がありました。ですから、アブラハムは現代にいたるまで信仰の、また従順の模範者となりました。 すべての権威は神からという言葉は聖書に確かにあります。でも、その権威はサタンや悪霊たちに適用すべき原則ではありません。国々の政府や関連する役人たちについて述べたものです。クリスチャンはそれらの権威に従順でなければならない、と聖書は教えます。神が悪魔や悪霊たちを用いることはありません。悪魔や悪霊たちは神の敵で、神の家族から締め出された悪い天使です。でも、神はご自分に従順かつ信仰の厚い人をサタンが試みることを許すことがあります。でも制限付きで、厳しすぎる試みを許すことはありません。失礼ながら、はっきりと述べさせていただきます。もしあなたが表現している悪魔についての描写が病気からの者であれば、医師の助言に従ってください。以下はあなたの述べることが病気に原因していないと仮定して書きます。確かに、脅しや性的嫌がらせは悪霊たちの常套手段のようです。あなたの言葉からすると、キリスト教徒を自認しながら聖書をよく知りませんね。聖書を知らないということは、神を正しく敬っていないということ、神とイエスについての正確な知識を求めていないということなどを思わせます。あなたの行動や心の状態は聖書ではなく、人の言葉、つまり牧師の言葉だけで右往左往しています。現に、神がサタンに命令して人を試みると表現しました。あなたは神という語を用いて創造者を敬っているかのように見せますが、同時に神がサタンと提携しているかのようにも述べます。これは神への冒涜です。と言っても心配しないでください。神は今、あなたを裁くことはしません。しかしながら、あなたを保護しようとされないことは確かです。サタンや悪霊たちのあなたに対する攻撃は神の保護下にいないことの現れです。サタンや悪霊たちの目的は、あなたを神から引き離しておくことです。「戒めを破ったら」と言われますが、それは本当に聖書に根差す戒めですか? それは大きな問題ですよ。 では、あなたがすべきことを述べます。箴言 18:10「主の御名は力の塔。神に従う人はそこに走り寄り、高く上げられる」共同。「主の名は堅固なやぐら。正しい者はその中に走って行って安全である」新改訳。「エホバのみ名は強固な塔。義なる者はその中に走り込んで保護される」新世界。3通りの聖句を掲載しました。言いたいことは明らかですよね。サタンや悪霊たちに悩まされるとき、神の名を呼んで助けを求めることです。「神様!」ではだめです。なにしろ、サタンも神ですから。さらに、神に助を求めるからには神の求めにも従わなければなりません。でも、あなたは何をすべきか知らないはずです。ですから、神への祈りの中で、聖書を理解できるよう助けてください。聖書の真理を知ることができるよう、援助者を遣わしてください。などと神に願ってください。私が書いた通りに述べようなどと考えてはなりません。ご自分の心で、ご自分の表現で求めるのです。あなたの求めが誠実であると神が判断されるなら、助け手はあなたの所に訪れます。その助け手は今のあなたが求めている人ではないでしょう。助け手の説明が聖書と一致しているならそれはあなたのための助け手です。ヤコブ4章7-9節7?したがって,神に服しなさい。しかし,悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば,彼はあなたから逃げ去ります。8?神に近づきなさい。そうすれば,神はあなた方に近づいてくださいます。あなた方の手を清くしなさい,罪人たちよ。また,あなた方の心を浄めなさい,優柔不断の者たちよ。9?惨めさに浸り,嘆き,泣きなさい。あなた方の笑いを嘆きに,喜びを失意に変えなさい。教会ではなく、専門の病院を受診されてはいかがですか?宗教と手を切ることですね。世の中を見渡せば、何の意味も無いことが分かります。ですので、聖書内容自体に意味は存在しないのです。最初の質問に関してだけ。宗教の側ではない回答をします。「アブラハム派」の家臣と「イサク派」の家臣に深刻な派閥抗争が起こり、やがては「イサクを立ててアブラハムを殺そう」というクーデター計画にまで発展して、収拾つかなくなっていたのだ。しかし、これは「神に忠実で一枚岩」にとっては「恥部」です。そこでアブラハムの評判を守るため、後世、「あれは神の命令で泣く泣くやらされたことだ」という説がでっち上げられたのです。都合の悪いことは神におっかぶせてしまおうというのが、「神に忠実なアブラハムと一枚岩の仲間たち」の名誉を守るための、いちばんウマイ手なのです。>アブラムに生け贄要求しました誰が「要求」したのでしょう?どの様な生贄だったのでしょう?犯罪と、アブラハムへの生贄要求、悪霊の働き…がどの様に結び付いたのか解りませんが…「生贄」は財産を捧げる行為で、「服従」bなどの意味が有りました。なので、古くは、神事での生贄を捧げる儀式が行われていました。其の一貫で、アブラハムの「従順」を計るのが目的です。兎角、アブラハムの場合「独り子イサク」の事でしたら、神様の「シュミレーション」と言われてます。少なくとも、彼の子孫から、「人類の贖いの生贄」が捧げられる事の「予表」だったのかもしえません。悪霊の働きは、身体に関わる事では在りません。精神に関わる事で、信仰から離れさせる事です。若しくは「御心」に則さない様にする…内容を読むと、「ストーカー」等の犯罪行為です。今、処でのんびりしてる余裕が有るうちに、警察に相談してください。カギの新調、盗聴器、盗撮カメラの有無の確認…連絡先の変更など…「悪霊だから仕方ない」じゃ無く、平穏に住めるように動いて下さい。悪霊の話は其れから聞きます。15主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた。 2:16主なる神はその人に命じて言われた、「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。 2:17しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。 創世記 _ 生物はなにかしら演算していることが見受けられることも日常でしょうか。スズメが飛び去ったとか、犬が嗅ぎつけた、それも情況観測情報処理中、いわゆる“神経が”とか“起きている、覚醒している”、 いわゆる 、演算処理リアクション中、 そんなのに周囲もしくは環境は、満ち溢れている、そんなのも 現実 の一種のような。アブラムは、遊牧民、ひつじの遊牧民でしたか。 空と大地とひつじを相手に、人生その他もろもろ、演算中だったのではないでしょうか。 空いた時間にもソドムとかゴモラとかその他数々も気に留どめ演算した。 そんなところでしょうか。何かしら演算というと、今使用中のパソコンにしても他の高性能なモノにしても、フリーズ?コンピュータフリーズ?コンピュータ出力を期待したが出力されない 、それらの現象もよくある事態では 、ないでしょうか。 演算して、演算させて、死を回避して新たな生?リアクションを構築していくことも、にんげんの脳の宿命とみえる。聖書の主要登場人物として、永きに渡り語り継がれるであろうそのびっくりかつトリッキーかつサプライズなトッピックまたそして新たな地平線そしてまた人道、そんな光景が繰り返されたのかもしれない。

#

2021年3月10日

コメントを残す