エヌビディア しかし最近のインテルの統合グラフィックの性。クリエイターやCADで設計する人もビデオカード使うし、AIが盛んになる以前でもGPGPU関係でビデオカード使う人はいくらでも居たと思いますけどね。NVIDIAはGeForceなどのGPUが主力産業です しかし、最近のインテルの統合グラフィックの性能向上によりGPU、ビデオカードは売れなくなったので、NVIDIAオワコンと思っていたら、今やインテルを超える時価総額を持つ大企業に成長していて驚きました
もともと、ビデオカードはマニア以外は買わないものでしたが

AIや自動運転の組み込みチップがほとんどで、PCパーツはNVIDIAの事業としては割合は多くなかったということでしょうか nvidiaはBtoCではなく、BtoBが多いようにも思います エヌビディア。コンピューターグラフィックスCG用半導体を製造する米エヌビディアの
時価総額が競合インテルを初めて上回った。ちなみに。半導体関連企業の時価
総額を見ていくと。兆円を超えているのがと。自宅で仕事を
する人が増えており。動画編集者はコンテンツを新たな方法で配信しなければ
ならなくなっています。クリエイターは。 で強化された機能を
活用して。高品質なコンテンツをこれまでよりも早く配信できるようになってい
ます。」

intelが単体GPUに戻ってくるかもしれないという話。上のタイトルを見て最近の若い人は。が単体なんて出していたのだろ
うか?しかしその後。シリーズの内蔵としてチップセットに内蔵
され。やの統合グラフィックチップセットを脅かしました。「
」で検索すると「黒歴史」というワードが候補として現れますので。おそらく
当時のことを知っている人はそのが最近のや の快進撃
に触発されたか。また単体の製品を出すという話が出ています。RyzenやGeForceなどの品薄が深刻化。安価な液晶ディスプレイも品薄傾向。一方で の価格は下落傾向 石橋
一衛なっています。 ちなみに。店頭ではビデオカードの購入枚数に制限を
設けるショップや。中古品買取を強化するショップも増えています。

海外企業を買う:エヌビディア。エヌビディアNVIDIAは半導体の設計?販売で世界の最先端を
走る企業の一角である。製造ラインを持たないファブレス企業であり。製造は
台湾のTSMCなどに委託している。GPUグラフィックス?プロセッシング
? ユニットと呼ばれる3D画像処理のプロセッサーの開発で世界をリードする
で。直近の時価総額は3400億ドル強日本円で約兆円と。半導体業界
で世界トップ企業であるインテルの時価総額を上回るまでになった。

クリエイターやCADで設計する人もビデオカード使うし、AIが盛んになる以前でもGPGPU関係でビデオカード使う人はいくらでも居たと思いますけどね。まあ、一般人にはiGPUで十分なのも事実ですが。PCパーツはNVIDIAの事業としては割合は多くなかったということでしょうか。nvidiaはBtoCではなく、BtoBが多いようにも思います。まあ、NVIDIAが製造するビデオカードは極僅かでしょうね。殆どのGPUチップはASUSとかMSIとかがビデオカードにしますから。最終的にはゲーマーが買うんですけど…ちなみに、2018年の記事によると、やはりゲーム関係が主力とのこと。

#

2021年3月10日

コメントを残す