ウイルス検査 国はPCR検査をさらに増やそうとしています。Q1検査対象にすべきです。新型コロナウィルス感染症について 国はPCR検査をさらに増やそうとしていますが、単純に今の運用のまま検査を増やしたら、入院先になる指定病院や隔離先を手配する保健所がパンクする恐れがあるので、指定感染症の指定解除や緩和が検討されています それでは、それに伴って今後は無症状の人の扱いをどうするべきですか Q1 無症状の濃厚接触者に検査を実施すべきか、否か Q2 検査して陽性だった無症状の濃厚接触者を、入院させるか 宿泊隔離するか 自宅待機にするか Q3 無症状陽性者を感染者にカウントするべきか、否か 新型コロナウイルス日記。隊員は。通常のサージカルマスクや手袋等の感染対策はしていましたが。心配に
なり検査を行ったとします。つまり。今日感染の可能性があったからと
いって明日や明後日に検査を急いで行っても。最初の一週間ではほとんど検出
熊本県指定の新型コロナウイルス感染症重点医療機関としての患者さんの入院
治療の受け入れが始まった。階集団隔離病棟以外の本日の状況ですが。昨日
。発熱を認め検査を提出していた階病棟の患者様は。陰性の報告を受け
ました。

「陰性を確認する検査を」新型コロナ第2波への提言。これまでタブーとされてきた「陰性を確認する検査」が命と経済の両方を守る
ために必要となるかもしれません。さらに。カンボジアやタイなどか国で。
入国の際に「陰性証明書」の提出が必要となっています。の小田垣名誉教授が
コロナウイルス感染症の感染をシュミレーションされているんですけど。例えば
。現状のままの検査の倍ですから。検査を多くやって陽性者を隔離して。
治療が必要な人は医療機関。無症状の方もうつさないように隔離する。ウイルス検査。新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べる「検査」と「
抗原検査」。過去に感染していたかどうかが分かる「抗体検査 医療機関
か所まで増やす方向で検討 東京都医師会/; 検査 国の支援拡充を
日本商工会議所が緊急インターネットを検索すると。自費で検査が受け
られるという医療機関や検査機関の広告がずらりと並びます。届け出が無いと
保健所は患者の隔離や接触者の調査ができず。感染拡大が進むおそれがあります

新型コロナウイルスの陰性証明書を用意ハワイ州観光局。日本からの渡航者の皆様には厚生労働省の認可する-法を使った機材で。
ハワイ州指定医療機関で検査受診いただき。陰性証明書ハワイ州指定フォーム
を持参いただければ日間自己隔離免除という流れになっており無料で希望者全員に検査。を命じた。新規感染者と入院者の数が過去最悪を更新したためだ。一方。
一時は新型コロナの爆発的感染の地となったニューヨーク州は。経済活動再開へ
の道を着実に進んでいる。その後ろ盾が。日に約万件実施している?
抗体セットとなった検査体制だ。検査による予約なしの検査が受けられるのは
クリニックや病院。教育。薬局。ドライブスルーの駐車場など無数にある。
ニューヨーク州は。と抗体検査双方をお勧めしています。双方で

Q1検査対象にすべきです。感染力のピークは発症前にあるため、症状が出てから検査して結果がわかっても、防疫としてはほぼ無意味で、感染防止には寄与しません。濃厚接触者として、あるいは集団検査として、症状が出る前に検査で検出できて、はじめて防疫としては意味があります。 Q2感染者の家庭の状況にもよりますが、多くは自宅待機でも十分だと思います。新型コロナで怖いのは不顕性感染であり、1人が何人に感染させるかという意味での感染力はインフルエンザほど高くありません。感染者であるということがわからない状態で自宅にいると、家庭内感染を避けることはほぼ不可能ですが、感染力が出る以前から感染者であることが判明している状況ならば、家庭内でも感染を防止することは十分可能だと思います。ただし、部屋が足りず家庭内隔離ができない場合とか、家族に高リスク者がいる場合などもありますので、宿泊施設もある程度は準備が必要だと思います。 Q3現状ではカウントすべきだと思います。発症前を含む無症状者からの感染が多い以上は、無症状者も感染者と扱わないわけにはいかないでしょう。無症状の陽性者には以下のものが含まれるでしょう。①発症前の感染者。これから発症する感染者です。防疫的には最も検出したい感染者です。②自覚症状が無い感染者。多くはこれに該当すると思います。調べれば肺炎がしっかり進行している場合もありますし、本人が気に留めなかっただけで軽度な症状は出ていた場合もあります。③治癒するまで完全に無症状なままの感染者。これについては、いたとしても稀であろうとWHOは言っています。他人に感染させたという明確なエビデンスは無く、感染者と呼ぶべきではないのかも知れません。④付着したウィルスを検出しただけの非感染者。体内でウィルスが増殖している感染者であっても、感染初期のウィルスが少ない状態ではPCR検査の検出感度はかなり下がる検体として採取できない場合が多いので、増えてもいない付着しただけのウィルスを検出してしまうのは、間の悪い偶然だと思います。割合としてはほぼいないでしょう。この場合、感染力も当然無く、感染者と呼ぶべきではありませんが、ウィルスを付着させたキャリアが、接触する範囲にいることは間違いありません。感染者でないとしても濃厚接触者として、2週間の健康観察期間で自宅待機はしていただかないといけないでしょう。⑤治癒した罹患者。多くは②を経て、気づかないうちに感染し、気づかないうちに治ってしまった者です。既に感染力は無く、感染者ではありません。体内でウィルスが一度増殖しているので、しばらく長期にウィルスを検出してしまうということは大いにあり得ます。実際に検出している多くは②⑤で、③④は多くないと思います。①②③が感染者ただし③は微妙、④⑤は非感染者です。⑤については抗体検査も併用すれば区別可能かも知れません。④の区別をつけるには、複数回PCR検査をするしかないでしょう。もともと少ないウィルスをたまたま拾っちゃっただけですから、2度3度繰り返して検出するとは考えにくく、複数回検査すれば分かると思います。100%ではないとしても、現状もっとも確度が高い診断方法はPCR検査です。質問者様の質問意図は、PCR検査だけに頼って非感染者を感染者扱いしちゃって良いのかという問題意識かと思いますが、これを区別し得るのもやはりPCR検査だと思います。以下のご指摘についてです。無症状者からの感染について、発行のScience Vol. 368によると、感染経路の割合は、-発病者からの感染が85%-無症状病原体保有者からの感染が5%-環境からの感染間接接触が10%としています。確認しましたが、以下となっているようです。発症前の感染者症状を示す前から46%症状のある感染者から38%発症しない感染者から10%および環境を介した汚染による感染6%つまり、症状のない感染者から56%の感染がおこり、発症者からは38%しかないということです。どこから引用されてますか?無症状者の検査は任意にすべき。濃厚接触者は症状がないなら放置。無症状陽性者はカウント必要なしPCR検査を増やすか今のままでいいのか、議論が別れる所だが、1日当たりの検査能力が、諸外国に比べ極めて、少ないのは恥ずべきことだ。政府は大きな責任を自覚すべきだ。大半は軽症で治癒するので、隔離施設を拡充して軽症者はそこに放り込めば良いかと。例えば東京都は1波の時にホテル等の隔離施設を増加させ、日勤医師1名、24H看護師1名という体制を構築しました。その後リリースしていたようですが。検査キャパ拡大といっても、そこらの人を掴まえて検査する事はできません。何らかの症状がある人→受付病院での診察→医師の判断で検査、集団感染が疑われた場合の、関連者への検査のお願い、くらいしかできません。Q1. 無症状の濃厚接触者に検査を実施すべきか、否か? ———————A.検査自体は濃厚接触者に限らず希望者全員に何度でも行えるような体制は必要でしょうQ2. 検査して陽性だった無症状の濃厚接触者を、入院させるか?宿泊隔離するか?自宅待機にするか? ———————A.状況に応じて柔軟に対応すれば良いと思います故意に医療体制を圧迫する必要は無いですからQ3. 無症状陽性者を感染者にカウントするべきか、否か?———————A.感染の有無により感染者とするのであれば症状の有無は無関係だと思います不顕性感染も感染が成立しているわけですから???

#

2021年3月10日

コメントを残す