『今更ながら たしかにアンプの端子には8オームって。オーディオヘリテージにPMA255が載っておりました。オーディオアンプについて??? プリメインのスピーカ端子に 「4オーム」のスピーカーをつないだら 音が出なくなってしまいました(′ ω `)??? たしかに、アンプの端子には「8オーム」って 書いてありましたが???(^_^;) そんなに微妙なモノなのでしょうか My。普通のヘッドホン端子ではダメで。パワーアンプにつなぐ専用のアダプタか専用
アンプが必要で非常にお金のかかるものでしたが。スピーカーの
インピーダンスはΩというのが最も標準的で。ΩやΩ。まれにΩというのが
ありますが。ヘッドホンのインピーダンスは確かに。このΩがない状態
ですと。スピーカーをつながないで電源した直後にスピーカーをつないだり。
ヘッドホンプラグ

[mixi]スピーカーのインピーダンス。おねがいします。 真空管アンプってスピーカー繋がないで音だすとこわれます
よね。そこで4オームのスピーカーに4Ωの抵抗を付けると8Ωで確かに実際
の演奏では。同じ周波数の音が一定に続くことはありませんが。 >?スピーカー『今更ながら。4Ωとか8Ωとかインピーダンスの違うスピーカーが数々ありますが。それぞれを
比べてメリット?デメリットって何かあるのですか?この際。「一概に言え
ない」って回答はなしでお願いできますと幸いです。アンプの+ーの
スピーカー端子間の電圧です。確かに昇圧回路で電圧は上げられるけど。その
分電流を下げる事で得られるのが。その仕組みの内訳だと思っていました。

ヘッドホンアンプの出力とか。ヘッドホンのインピーダンスが高いと鳴らしにくいとか。アンプの出力
インピーダンスは低いほうが良いとか。ファイルとかで事前に作っておいて。
それを再生しながらボリュームを最大まで上げて。ヘッドホン端子から出力され
る電圧を測ります。同じΩでを出せるアンプでも。Ωスピーカーを接続
したら電流不足でになってしまうものもあれば。 -のボリュームを
。~まで上げていって。先ほどのテスト信号の電圧を測ってみます。インピーダンス抵抗ってなんだろ。インピーダンス抵抗ってなんだろ? を勉強していくうえ見慣れないし
難しそう。たしかに深くまで勉強するとなると難しいですけど。最低限をここで
勉強しましょう。機材における抵抗も同様に。アンプからスピーカーに
流れる電力を制限するために抵抗というものがあります。 例えば スピーカーの
背面に「インピーダンス。8Ω」のような表示がされています。 インピーダンス
と抵抗

スピーカーとアンプとの接続について。の6オームのユニットを2個パラ並列接続で使いたいのですが。
アンプはOKでしょうか?つまりΩ端子とΩ端子のどちらが6Ωユニットと
相性がいいかは。アンプによっても相性があるようですし。やはりスピーカー
メーカーが勝手にたしかにそういうことはあるかと思います。いずれにせよ
シリーズに入れる抵抗は余裕が有って良質のものが欲しいですよね。定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ない。でも。他社のスピーカーここのはフルパワー出すと アンプが壊れるので有名
で。8Ω表示でも 4Ω近くまで落ちるどちらにしてもスピーカー本来の音を
作り出すにはそれに応じたアンプが必要なようですね。ここで書きこんでくれた
お金がかかりますねオーディオって。接続がひとつあり。その接続がΩ
多分サラウンド用の端子です確かにスピーカーのインピーダンスが倍になれば
同じワット数で電流はルートニ分の一倍。スピーカーケーブル

オーディオヘリテージにPMA255が載っておりました。1975年頃の製品で86500円、当時の高級アンプですね。20?2万hz、4Ω時58w、8Ω時55wと4Ωスピーカー動作OK。パワーアンプ部は全段直結、純コンOCL回路と豪華です。プロテクト回路もありますね。45年前のアンプなので全段直結回路のためパーツの劣化が全体の動作バランスを崩しているたと思われます。ギリで動いていたかも。4Ωスピーカー繋いだ事で一気に壊れたと思います。プロテクトが働くようなので出力=スピーカー端子に直流漏れてる可能性があるのでスピーカーは繋がないほうが良いでしょう。スピーカー壊れる修理もおそらく部品が無いので難しいデス。適合インピーダンス8Ωのアンプに公称インピーダンス4Ωのスピーカーを繋いで出力した場合は電流が流れ過ぎ過電流アンプに負担がかかりますが大抵のアンプには過電流に対する保護回路が働いて電源が落ちるようになって壊れる事はまずありません。今回の場合考えられるのは①激安アンプで保護回路が入ってない。②接続が間違っている③スピーカーの最大入力値を越えて入力されてスピーカーが壊れた。④アンプ内蔵スピーカーにスピーカー出力を入れた。⑤予想のつかないレアな接続方法をしている。⑥アンプが壊れかけていてこれをきっかけに壊れた。このなかのいずれかの理由と思われるます。4Ωとかのインピーダンスは重要ですね。8Ωまでしか使えないアンプに4Ωのスピーカーを接続すると過電流になってしまいます。普通は一定音量で保護回路が働き音が出ないようになっています。電源切って再度ONにしてもアンプが使えないとなると壊れてしまった可能性が高いですねぇ。はじめまして?可能性としては、いくつか考えられますねぇ。まずは、4オームと-書かれていたスピーカーその物が壊れている。アンプが危険を察知して接続遮断。残念ながら、アンプが壊れてしまった。この8Ω、4Ωというのは、音声帯域内の交流における「平均最低インピーダンス」を示しています。これが、スピーカーの「公称インピーダンス」と言う実体です。インピーダンス値って、「電流の流れにくさ」を表していて、数値が小さければよりおおくの電流が流れます。極端に言いますと、∞Ωなら断線未接続状態で、0Ωならショートしている状態。8Ωに対して、4Ωは「半分」になるので、アンプのn出力電圧が同じ場合、2倍の電流が流れます。でも、アンプの回路に流せる電流には限界があります、回路の安全範囲とか、i搭載している電源回路の規模等で制約を受けます。そこそこ安全性にもコストをかけているアンプですと、過電流が流れそうな時は出力を遮断する「保護回路」などを装備しています。当然ですが、安価な製品とか特殊な機種等では保護回路を装備していない場合も有り得ます。また、保護回路があれば万全、とも限りません、運悪く保護回路の動作が一瞬遅れてしまい、アンプ回路が焼けてしまう。という事例が有ります。実は、私も過去に1度だけ遭遇しました、購入した電気屋さんに調べてもらったら、出力パワートランジスターが全部焼けていて。という。この時は、スピーカーが先に焼けて、たぶんその瞬間にショート状態と成ったのだろう。という結論でした。スピーカーの焼損って、その後も何度か遭遇していますが、アンプまで道連れになったのは、今の所1度だけです。正常動作していた、元のスピーカーに換えても音が出ない、という事であれば、とても残念ですが、アンプが壊れた。と考えるしか無いと思われます。微妙と言うか 当たり前の事なので??? アンプが8Ω専用と言う事はないでしょうが、使用出来るスピーカーのインピーダンスの範囲は 本体や取説に明記されています。それが外れていれば アンプが壊れることを意味しています。そー成ったんでしょうね。 プロテクター/保護回路が働き一時的に電源を落とすモデルもありますが、そのまま昇天して終わって仕舞うモデルもあります。チィーーーン。デジタルアンプの場合は、不可の場合があります。やはり、アンプのメーカーと型式又は名称を書かないと、詳細には分かりません。アンプ側のインピーダンスが8Ωなのでスピーカーのインピーダンスが8Ω以上なら問題ないですが、4Ωのスピーカーを接続したため保護回路付きアンプなら保護機能が働いて音が出なくなります。保護回路無しアンプならアンプ、スピーカーの故障になります。アンプのメーカー、型式が分かりませんが、保護回路付きアンプなら電源を入れても直ぐに音は出ず何秒も経ってからアンプからカチッとリレー動作音がします。アンプ側指定よりスピーカーのインピーダンスが小さいと保護機能が働いたままになります。スピーカーを外してヘッドフォンで再生音が聴こえればアンプは大丈夫だと思います。普通は、繋いだだけではそう簡単には壊れないものなんですが、どういう使い方をしましたか?こわれたときの状況が知りたい。もしショートさせたら即効で壊れますが。当たり前です。だから対応インピーダンスが記載されているのです。意味無く記載されているのではないのですよ。

#

2021年3月10日

コメントを残す